即興音楽とインプロ、音と声と彼方との邂逅

即興実験工房 ゆにわ

リヨン その2 | main | 明日からリヨンへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
リヨン その1
行ってきました、リヨン。
会場は『La Platehome』という川岸に浮かんだボート上に立てられたテント(地下もバーやキッズ・ショーで使用)と、そこから徒歩20分ほどの『Cinema Comoedia』という映画館。
関わった人は総勢60人くらい、フランス各地はもとより、カナダ・ケベック州、ベルギー、インド・ラジャスタン、カメルーン等、そして我々ニュージーランド・日本チーム。
僕と友梨さんとスティーブンだけが英語で、あとは全員フランス語圏の方々なので、ほとんどの解説、会話はフランス語でさっぱり分かりません。
時々近くに居る人に『今彼は何て言ってるの?』と聞いて、ところどころかいつまんで理解するのがやっとでした。
行くまで状況が分からないで参加したのですが、初日のギャザリングで既にパンク状態。
何しろ毎日3:30からキッズ・ショー(要するに子供向けのインプロ・ショー)、夜8時半と10時半からメインのレイト・ショー、そして毎日4人のディレクターが選ばれてKINOという24時間で作る映画撮影などが日中随時行われて夜12時から上映会、その後ミッドナイト・ショー...といった感じで、連日内容がてんこ盛りなのです。

僕自身、まだ英語力が今イチなので、一体どうなることやら...と思っていましたが、もう初日からキッズ・ショーに出ることになっていて、しかも友梨さんの通訳もなしという事で翌朝10時に集合。
メンバーは10人くらいだったと思います、ベルギーのオリという人がディレクターのパペット・ショー。とりあえず集まったら筋書きや流れ、主役は誰がやるかなどのディスカッション。
これは僕の印象ですが、フランスでは全編通して、やたらとこのディスカッションが多い印象がありました。
フォーマットを提示して、ストーリーの流れをある程度作ってから、そこから派生する可能性やストーリーをあらかじめディスカッションしてどんどん出してしまうんですね。もちろん順番は決めないし、やったりやらなかったりはするので、そこはインプロなんですが、今まで触れてきたインプロとは随分感触が違う印象でした。
この時も、大まかな流れがあってオリが箇条書きにしてくれたプロットを貰って、それを見ながら現状を把握しつつパフォーマンス。確かに初めてのオール・フランス語の舞台で、何が何だか分からないよりはずっとやりやすかったので、これはこれで良かったです。
パペットと人間が混ざってのショーというのも、今までになく新鮮で楽しかったですね。

夜はインプロジェクションと銘打ったスクリーンに映った映像と共にプレイヤー達がインプロしていくというもの、一部はなにかドラマのシーンで全然違うシチュエーションの吹き替えをやっていくスタイル、二部は画像に合わせつつドラマを展開させていくもの。
実のところ2つとも言葉がメインになるようなインプロだったので、意味は全然分かりませんでしたが、お客さんの反応や舞台の雰囲気を見つつ、自分ならここでどう入るかをシュミレートしつつ見ていました。
インプロジェクションには友梨さんが参加、途中友梨さんが日本語でセリフを言った時、この会場で今友梨さんが何を話してるのか分かってるのは自分しかいないんだ、というのが不思議でした。普段ありえないですね。
でも、フランス語の中にあって日本語の響きというのは独特で、フランス人にはとても面白く響くのだと後で聞きました。どちらにとっても、さっぱり分からない言葉同士というも、奇妙ですが面白くもありました。

<つづく>
| パフォーマンス | 01:20 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuniwa.blog59.fc2.com/tb.php/76-5e7d21e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

m-UTA-nt

Author:m-UTA-nt
出雲在住 即興ピアニスト、ヒーラー 

スタジオゆにわ 主宰
HPはこちら
ゆにわ HEALING & JOY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。