即興音楽とインプロ、音と声と彼方との邂逅

即興実験工房 ゆにわ

10月、岡山ワークのお知らせ | main | 新譜『GALUMAN WORKS』本日発売!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ミンミン・ギター
img10522837337.jpeg

最近、この楽器に結構ハマっている。
ギターに似ているが弦が3本しかなく、大きさも小さい。
新しく作るオケに、ギター系のストロークやメロディーを使いたくて購入した。

シンセをやっているのだから、わざわざギターなんて買わなくてもよさそうなものだが、やはりストロークや弦のアタック感はシンセでは物足りないし、急に頼める知り合いもいなかったので、やむなく自分でやるハメになった。
『GALUMAN WORKS』では、ギターの音を入れている曲が幾つかあるが、そもそもギターの弾けない僕は、かなり苦労してこのトラックを録った。
『太陽ダンス』は全て拍子の違うシーケンスを手弾きで重ねたものだが、低弦にディレイをかけたり、乾電池を使ってペダル・スティールのように弾いたりと、要するにテクがあまり必要でない弾き方しかしていない。
『タンカドール』の長いアルペジオは実際に弾いたが、左手の握りが不安定なため途中で何度も弦がビビってしまい、2~3回録り直すうちに仕舞いには指がつった。
『水色の草原』のコードストロークは変則チューニング+4、5、6弦はフエルトをかましてミュートしたものと、オープンチューニングでドローン的に鳴るようにしたものを重ねている。

いずれにしても、どうしても僕はギターやベースのような『多弦もの』はどうも弱くて、最初は真面目にコードなんか押さえて練習するが、そのうちオープンチューニングにして1弦だけでメロディーを弾いたりして、ギター本来の使い方はしなくなってしまうのが常だった。
しかし、こんな使い方をしているとネックが変に反ってしまいそうだし、できればヴィーナやシタールのような1本のメロディ弦と数本のドローン弦という組み合わせの楽器で、なおかつリズミックな演奏が簡単にできる楽器はないものかと探していた。

そんなところで、ひょんなきっかけからストラムスティックというミニギターを見つけた。
これは弦が3本しかなく、フレットもペンタトニックに配列されているので、ようするに『どこを押さえても、それなりに音楽になる』ように設計された簡単楽器だった。
一時はこれを購入しようかとも思ったが、どうも半音がないので、比較的演奏可能な音楽性は限られる事が判明。再度探してみた結果見つけたのが『ミンミン・ギター』という日本製の楽器だった。

ネーミングには賛否両論ある所(?)だが、これは『(みん)なの(民)族楽器』の()内をとってミンミンと名付けたのだとか。サンプルを試聴したが、中々面白い音なので早速購入してみた。

音はバンジョーを軽くしたような感じで、メロディー弦が多少ビビるのがちょっと民族楽器っぽい。小さいわりには結構鳴りが良くて、充分ストリートでも弾き語りができそうなくらいの音量がある。CGCのオープンチューニングなので、メロ弦で適当にメロディーを作りながらストロークすると簡単にそれっぽい音が出てくる。
ピックの材質によってかなりキャラクターも変わるし、何より軽くて持ち運びやすいのがいい。

仕事の合間の待ち時間にちょっと爪弾いたりして、しばし練習中。
まだ試してないが、全体的にもっと細い弦を張ってみると、なお面白いような気がしている。

ミンミン公式サイトはこちら。
みんなの民族楽器ミンミン
| 神の器 | 01:40 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuniwa.blog59.fc2.com/tb.php/53-593b3441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

m-UTA-nt

Author:m-UTA-nt
出雲在住 即興ピアニスト、ヒーラー 

スタジオゆにわ 主宰
HPはこちら
ゆにわ HEALING & JOY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。