FC2ブログ
即興音楽とインプロ、音と声と彼方との邂逅

即興実験工房 ゆにわ

歓びを歌にのせて | main | ツアー2日目、名古屋ワーク後記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ツアー3日目、岡山ワーク後記
ワークツアー3日目は岡山。
今回は市内ではなく、県北の真庭郡久世町にての初ワークでした。
ここは今回のワークの中では最も素敵なシチュエーションで、会場は旧遷喬尋常小学校という文化財指定された木造校舎の講堂でした。
1907年に立てられたというふんだんに木を使った堅牢な校舎で、一歩足を踏み入れると昔の学校の良い香りがします。
いろいろな映画やCMでも使われた場所との事ですが、参加者の方々にとってもいろいろな思い出の詰まった場所で、まるで大きな木の中に入ったような感覚。
こんな場所でワークをさせてもらえるだけで、本当に幸せでした。

今回は参加者超過の26人というメンバーで、過半数がソングははじめての参加。
何をどうやって行こうかといろいろ算段をしていたのですが、この校舎と雰囲気を感じていると、どうしてもたくさんの声を響かせたくなってきて、今回は主に「集団創造」と「聴く事、感じる事」をテーマにワークを進めてみました。

前日2日のワークがいずれも都市圏であったのに比べ、この真庭のワークは静かな雰囲気。何をやるのか分からない緊張感も微妙に感じつつ「?」「?」「?」と思いながらも皆さんよく着いてきてくれました。

ルネッサンスの古楽のような単旋律の創造から、今回は初挑戦の男声部、女声部の2部合唱の創造。
プロの声楽家の方も参加して下さったのが良い刺激になり(ありがとうございました!)豊かなメロディー、そして男声部はまるでチベット声明のようなドローン。
きっと外で聴いていた人は、まさかこれが即興で奏でられているとは思いもしなかったでしょう。
(このワークの様子は新聞社の取材も入り、ビデオ収録もされているので、振り返りが楽しみです)

しかし、今回余計に感じたのは「時間が足りない」という事。
参加者の方々からも「もっと長くてもいい」「もっとやりたい!」という声もあり、次回開催時は休憩ありの5時間ワークをやったらどうか、という意見もありました。

岡山は一応次回10月に市内とこの県北の2カ所でのワークを開催する予定です。
ロングワークなら、更に一つ一つをじっくりと、集団から個人へのアプローチなど、いろいろなスタイルを楽しめるはずです。

最後になりましたが、この3日間のワークに関わって下さった総勢70人以上の方々。
スタッフの皆さんの御陰で無事ツアーを終える事ができて感謝感謝しております!
また、各地で皆さんに再会できる日を楽しみにしております!
ありがとうございました!
| インプロ・ワークショップ | 22:56 | トラックバック:0コメント:5
コメント
重厚で、温もりのある木造校舎。その床に寝転んで、5月の風を肌に感じながら、たっぷりあじわった即興の音。みんなの声が思い出空間に響きあって、最高の時間でした。
ありがとうございました!
2006.05.23 Tue 00:26 | URL | やのっち
音の中に自分がいること。
音は、ずーっとずーっと昔から人間の中に存在していたんだなあ、と感じました。
かけがえのない時間をまたひとつ、得ることができました。
ありがとうございました。
10月は、5時間!!すばらしい!!
2006.05.24 Wed 00:11 | URL | すがたん
>やのっち
本当に素晴らしいセッティング、ありがとうございました!
まさにこのワークにはうってつけの素晴らしい音空間でしたね。
参加者の方々の思いの蓄積と相まって、とても温かい時間でした。

>すがたん
そうそう、『響きはそれぞれの中に既にある』
このテーマを、今後もっともっと深めていきたいと思っています。
10月が既に楽しみ!
2006.05.24 Wed 21:58 | URL | UTA
素敵なひとときをありがとうございました!!
歴史と趣のある空間で,素敵な参加者の皆さまと音を通じて響き合えたことで,自分の中にある可能性を感じることができ,とても感動しました!
なんといっても,一番このワークを喜んでいたのは,校舎なのでしょうね!
10月が,待ち遠しいです!
2006.05.25 Thu 23:19 | URL | たにぽん
>>たにぽん
たにぽんの提案のお陰で、本当に願っても無いシチュエーションでワークができました。
また10月にあそこに行けると思うだけで、こちらもわくわくします。
大きな木の校舎に包まれて、和やかで温かい時間を皆さんと共有できる事を楽しみにしています。


2006.05.27 Sat 22:19 | URL | UTA
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuniwa.blog59.fc2.com/tb.php/45-12e88f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

m-UTA-nt

Author:m-UTA-nt
出雲在住 即興ピアニスト、ヒーラー 

スタジオゆにわ 主宰
HPはこちら
ゆにわ HEALING & JOY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。