即興音楽とインプロ、音と声と彼方との邂逅

即興実験工房 ゆにわ

演奏時間639年。 | main | 5月のワーク・ツアーのお知らせ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
4月22日 松江ワーク後記
22日はCUNE主催による松江3度目のワークでした。
3度目の正直という訳ではありませんが、今まではプレゼン的な意味も含めて比較的楽に楽しむソングワークを中心にやっていたのだけれど、最近どうしてももう少し深いところをやらないとワークが上滑りになってしまいそうな気配がして、ガラリと内容を変えてみました。

まず大きな違いは今回昼の部は伽羅さんが講師で来て下さった事。
シーン、ストーリーという所に向かうのに、一番必要な根っこの部分をすごく丁寧に掘り下げたワークでした。
スキル的なもの以前の、純粋に相手を感じる事、自分を認める事といったインプロの根底に流れているセオリーがとても分かりやすく解説されていて、ファシをやっている立場としてもとっても勉強になりました。

僕のやっているソングワークは、基本的にこういうインプロのメソッドを踏襲しています。もちろん音楽的に高いものをやろうとすると、これは演劇的セオリーだけではできないのでどうしてもオリジナルな物が多くなっていくのですが、インプロで言葉や身体表現を通して行っているワークを音楽的に還元したらどうなるのか?という事はよく考えます。

表現は何であれ、日常の意識と接点のあるものであるはず。
「歌う」という行為は、ある意味「非日常的な行為」ではあるのですが、表現という行為の根底に流れるものは、演劇であれ音楽であれ他の表現行為であれ、やはり同じものであると思っています。
ただ、音楽の場合はそれがとても抽象的で、より感覚的に捉える部分が多くなるように思います。

今回は昼夜連続参加のメンバーが多かったので、ほとんど「1部インプロ、2部ソング」といった連続ワークに近い形でした。
今回は1部で充分なアップと、日常意識から表現に向かうところが既にできていたので、より音楽というところを深めるべく、スキルを強化するレッスンを長めに折り込みました。

ここは純粋に音楽エクササイズになっていくので、いつもの大盛り上がりを期待(?)していた参加者の方は、ちょっと戸惑ったかもしれません。
自分の感触としては、こういうベーシックなエクササイズは、もっと段階的に整理して楽しんで理解しやすく提供できるようにする必要あり。
「今、どうしてこれをやるのか?」という解説や、認知の流れ、体の変化をもう少し見ながらやらないとな...というのが反省。

しかし、僕の強引な運転にも何とか皆付いてきてくれて、「会場の空間を感じ、声を全体に響かせる」エクササイズでは、耳を疑う(笑)ような素晴らしく美しいコーラスが!
その後のいろいろなプログラムも、いつもなら比較的ノイジーになってしまうところが、非常にセンシティブに、より音楽的な響きが起こってきたように思いました。

今回は、あえて後半ほとんど伴奏をせずに
「参加者から起こった音を拡大する」
「順番ではなく、自分のタイミングで音に入って行く」という部分を強調してみました。
ファシをやっている方としては伴奏で手を取られる事がないので、その分サイドコーチがやりやすく、これは面白かったです。
参加者からも、
「伴奏がある事によって、ある種ぼやけていたものがハッキリ見え、自分が出る事への恐れや、そこにあるリスクに気付けた」という反応が結構ありました。
これは今回の大きな収穫です。

最近は、どうしても山陽女子などの授業プログラムについて考える事が多く、どうしてもワークのプログラムが以前の「音(声)を使って楽しむ」というものから、より「即興的に音楽を創造する」という作品指向になってきたりしています。

もちろん作曲行為の一部として、様々な即興音楽のエクササイズをひねり出しているのですが、これからはより一層、この傾向が強くなっていくような気がします。


「ワークの時だけ楽しい」というワークではなく、
連続してワークを受けて行く事によって確実に「音楽的な即興のスキルが身に付く」ワークにしていけるよう更に努力前進すべし!と、自分にとっても「喝!」な感触の多かった一日でありました。

参加してくれた皆さん、ありがとう!
| インプロ・ワークショップ | 00:31 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuniwa.blog59.fc2.com/tb.php/39-a9f831d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

m-UTA-nt

Author:m-UTA-nt
出雲在住 即興ピアニスト、ヒーラー 

スタジオゆにわ 主宰
HPはこちら
ゆにわ HEALING & JOY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。