FC2ブログ
即興音楽とインプロ、音と声と彼方との邂逅

即興実験工房 ゆにわ

ひそやかな音楽 | main | ミルコのひかり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
新たな試みと展望
昨夜は今回3回目になった『自宅即興ライブ』でした。

今回もイントロで行った、自分の心に映じるままの即興演奏を聞いてもらうというスタイルは、演奏と共に自分自身の深いレベルに沈降してゆくような感覚があって、それはそれで深い瞑想と同じように『静けさ』や『空』のような静止の状態を発露するには適していると思いますが、今回はもう少し『遊び』の要素を織り込みたいと思い、それからはより積極的にお客さんを巻き込んでの演奏という方向にシフトしてみました。

*三つの言葉からの連想(今回は”エンジェル””成功””うつろい”)
別々のお客さんから頂いた3つの言葉、ここから連想されるイメージやストーリーを音で表現してみました。
僕の中ではざっと要約すると...
『誰かのサポートをしたいとワクワクしている新人の天使が、一人の女性に目を向けます。
彼女はダンサーとして大きな舞台に立ちたいという夢を持って日々努力していましたが、幸運を呼ぶ天使のサポートを受けて見事に成功の舞台に立ちました。
しかし、夢を叶えた彼女は『成功は一瞬のもので、本当の幸せはもっと他にある』と思い始めます。
海辺でくつろぐひと時、友人達との食事など、大きな舞台のきらびやかな世界ではなく、日々のありきたりの暮らしの中にある小さな幸せを感じる事に、喜びを見いだすようになりました。
天使は、そんな静かな生活を送る彼女の事をずっと見守り、やがて彼女の人生のたそがれがやってきても、ずっと側にいました.....』
というような感じのストーリーを感じつつ演奏していましたが、さてお客さんにはどう聞こえていたのでしょうか?

*頂いたメロディーからの即興
これは遊びではよくやりましたが、本番でやったのは初めてのような気がします。
お客さんに任意の音を選んで頂いて、その音の連なりから作ったメロディーを元に即興します。今回は『ソ、ラ』『ファ』『ド』
ソラファ...と続くと、どうしても”未知との遭遇”を思い出してしまいますが、最後のドで救われてなかなか子気味良い曲ができました。

そうして、今回久しぶりに妻トモミを加えてのデュオの即興。
こういう形でパフォーマンスしたのは6年振りくらい、実は今後声を中心にしたパフォーマンス集団を組織する計画があって、ここ数ヶ月、二人でいろいろフォーマットを元にした即興を思考錯誤しています。毎日、ふと浮かんだ『実験』をその場で試すという事を繰り返しているのですが、今回はパフォーマンスの中でこの言わば『作業場』を公開したような感じでしょうか。

*ストーリーを元にした即興的音楽劇
誰でも知っているような単純なストーリーを元に、音楽でそれを綴ってゆくというスタイル。お客さんからどんなロマンチックなストーリーが出てくるかな?と思いきや、出て来たのは『ウサギと亀』
これは完全に想定外でしたが、そういう『自分が持っている既存の概念を捨てる』というのは即興演奏家の醍醐味、結果非常に演劇的スタイルな演奏になりました。

*一つの言葉からの印象音楽詩
これは単純に一つの単語からイメージを膨らませて、その言葉から連想される様々なイメージを音で綴ってゆくというスタイル。限定されるものが少ないのでより自由度が増し、いろいろなシーンが現れては消える、ほぼフリースタイルや、インプロのロングフォームに近いもの。

今回は『夜空』という単語を頂きましたので、ここからイメージを発展させて15分ほどの即興をしてみました。
これはライブにお越し頂けなかった方のために試聴できるよう音源をアップしました。
以下のリンクをクリックすると開くページ右側のボックスで再生ボタンを押して下さい。
(前の曲終わりが少し鳴ってからはじまります。定点マイクですので若干音量が小さめです、適時調整して下さい)
YO-ZO-RA

*お客さんを交えて
せっかくなので、お客さんにも声で参加してもらえたら面白いのではないかと、お客さんから3つ音を頂いて、それで作ったメロディーを合図で歌って頂く事にしました。
今回は『ミ、ラ、ソ』の3音。はじめはバラードっぽい感じで行こうかと思ったのですが、少しアップテンポも良いかな?と、Aのブルースにはめて合図で歌って頂く事に。
歌いながら適時合図を出すというオファーは初めてだったので演奏は多少乱れましたがやはり会場がひとつになる感じは、小人数でもやはり楽しいです。

最後はワンワード・ソング、ひとつの言葉、今回は『またね!』という言葉を自由に引き延ばしたり言い換えたりしながらメロディーを即興。短い言葉なので、See you again! とか、¡Adiós! はオッケーにしてワンワード、ワンコードでやってみました。

こんな感じで実験的要素の強いライブでしたが、やはりリハと実際では感覚が違って面白かったです。いつものルーティンだと見えて来ないような測道が次々に現れてきて、時々ふと演奏している事すら忘れているような不思議に心地よい忘我感があったり.....
即興演奏はある意味”シャーマニック”な側面が強く作用しやすく、その場の雰囲気で出てくる音が全然変わります。そういう意味で、会場全てを含めてその場で共同で創造する音楽という言い方が正しいのかもしれません。

来年からは少しホームグラウンドからはみ出して、ピアノのある空間でのライブ活動をじょじょに外に伸ばして行こうと思っています。
今後はゲストも大歓迎、楽器奏者はもちろん、朗読、ダンス、絵画、映像など、積極的にコラボしていきたいと思っていますので、我こそはと思う方は是非ご連絡下さい!

更に、2年半ほど休止していた『声を使った即興ワークショップ』を再開します。
実は先週オフレコで大阪、明石、姫路にて試験的な開催をし、従来の全員で歌を作るワークショップの内容に加えて、よりアーティスティックなヴォイス・パフォーマンスを想定したアドバンス・ワークをさせて頂いたのですが、とてもよい感触を得られました。
まずはこちらでは出雲、松江近辺で春頃から開催します。
ピアノのある会場であれば全国どこでも出かけて行きますので、ご希望の方はどうぞご連絡下さい。
| パフォーマンス | 12:35 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuniwa.blog59.fc2.com/tb.php/104-adc11a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

m-UTA-nt

Author:m-UTA-nt
出雲在住 即興ピアニスト、ヒーラー 

スタジオゆにわ 主宰
HPはこちら
ゆにわ HEALING & JOY

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。